冬でも庭をカラフルに!植物を育てるメリットを知って造園を楽しむ

最新記事一覧

芝生の手入れに

草刈り

見栄えだけが目的ではない

庭によく使われている芝ですが、植物であるためただそのままにしておくだけではなくしっかりと手入れもしなければなりません。定期的に芝刈りをすることで見栄えを良くすることが出来ますが、実は芝刈りには見栄えを良くするだけではなく他の目的もあるのです。普段は短くしていることが多い芝ですが、そのままにしておくと長くなって穂を付けるようになります。こうなってしまうと見た目が芝ではなく雑草のようになってしまい、雑草と区別がつかなくなってしまいます。雑草と区別がつかなくなってしまうと雑草を除去するのも難しくなってしまい、雑草が増える原因となってしまうのです。また、長く雑草のようになってしまった芝は虫がつきやすくなってしまい病気にもなりやすくなってしまうのです。見栄えだけではなく芝の健康を保つためにも定期的な芝刈りは欠かせないのです。定期的に芝刈りをすることで芝が地面を覆うようになり、他の雑草が生えにくい環境にすることも出来るのです。芝刈りは出来るだけこまめに行う必要がありますが、特に注意しなければならないのは5月から9月の間です。この夏の時期は特に芝が良く成長するため、出来れば一週間に一度は芝刈りをするのが望ましいとされています。逆に冬場は基本的に芝は成長をしないので無理に芝刈りをする必要はありません。芝刈りをした後には刈りカスが芝生の中に残ってしまいますが、これを放置すると虫が繁殖したり病気の原因にもなるので綺麗に取り除くことが大切です。

PICK UP

園芸道具

バランスのとれた庭になる

造園をするならば、プロに依頼するのが確実です。イメージを確実に具体化してくれますし、プロでないと手に入れられない資材を使うこともできます。仙台にも多くの業者があるので、それぞれの業者を比較して選ぶとよいでしょう。
男性

造園や庭の手入れに活躍

大阪府の住宅でも庭のある家に住んでいる人は、庭木の手入れや雑草対策に何かと手間がかかるものです。大阪エリアの植木屋さんを利用することで、庭木の剪定や伐採ばかりでなく、消毒作業や除草作業も任せることができます。もちろん新築住宅等で新たに庭を作る場合にも、こうした植木屋さんに頼めば工事をしてもらえます。

草刈り

芝生の手入れに

芝の見栄えを良くするためには定期的な芝刈りが欠かせませんが、芝刈りはそれだけではなく芝の健康を保つことにもなります。夏場は特に頻繁に行う必要があり、逆に冬場は基本的に行う必要はありません。芝刈りをした後の刈りカスは綺麗に掃除をすることで虫の繁殖や病気の原因を取り除くことが出来ます。

花

寒い季節でも花を楽しもう

冬でも耐寒性に優れている種類の植物を選ぶことで、花を楽しむことができます。パンジーとビオラはバリエーション豊かな色の花を咲かせて庭を華やかにしてくれます。初心者にも育てやすいという特徴があります。冬の定番植物としてはガーデンシクラメンがあります。冬の間中、次々と花を咲かせ続けてくれます。

Copyright© 2017 冬でも庭をカラフルに!植物を育てるメリットを知って造園を楽しむ All Rights Reserved.